便秘のあと下痢と交互に繰り返すのはどうして?腹痛吐き気

   

%e4%be%bf%e7%a7%98-%e4%b8%8b%e7%97%a2-%e4%ba%a4%e4%ba%92

便秘が解消された後、下痢になっておなかが痛くなる。

そして、下痢が解消されたと思ったら次は便秘に戻ってしまうといったような、症状が一定しないケースがあります。

これはいったい何が起こっているのか?

今回はこの交互に繰り返す理由について探りました。

 

スポンサードリンク

 

便秘のあと下痢と交互に繰り返すのはどうして?

便秘のあと下痢になったり、
下痢のあと便秘になったりなど、
症状を交互に繰り返すこの症状は、

過敏性腸症候群

と呼ばれる病気の症状だといわれています。

この、過敏性腸症候群は
ストレスや自律神経の乱れによって
引き起こされると考えられています。

つまり、体が常に緊張状態にさらされていて、交感神経と副交感神経のスイッチがうまく切り替わらないと考えられているのです。

 

便秘と下痢を交互に繰り返す他の理由

過敏性腸症候群の症状のほかにも、こういった症状を繰り返すケースが考えられているのはいくつかあります。

  • 便秘期間の長期化
  • 腸のねじれ
  • 大腸がん
  • 食生活の乱れ

このようなことも便秘と下痢を繰り返す要因の一つと考えられています。

 

スポンサードリンク

 

便秘と下痢の解消のために

ストレスで自律神経が乱れたり食生活の乱れがあると、便秘を起こしやすくなる事がよく言われていますが、下痢にも発展しやすいとも言われています。

こういった症状の回復するには、普段からの生活習慣の乱れを正していくことが大切になります。

また、運動不足の人は定期的な運動や、睡眠不足も正常な体の機能が働かないといわれ、これも注意しておきたい点ですね。

 

あとがき

便秘と下痢を繰り返すようなことが何度も続くようなら、そのほかの病気の可能性もあるので、一度病院に行って検査してもらいましょう。

ただ、そうはいっても普段からの生活が乱れていたら意味がないので、規則正しい生活が送れるように改善していきましょう。

スポンサードリンク

 - 便秘