日焼けしたい人が気を付ける時間やサンオイル、肌のケアとは?

   

夏になると強い日差しが照り付けるため、どうしても日焼けをしてしまうケースがあります。

ただ、そんな夏に日焼けしたい男性、女性も多いのではないでしょうか。

肌を小麦色に焼いて、色白の肌を健康的に見られるようにしたいと考える人も多いはずです。

でも日焼けしたい人は、

  • 肌を焼く時間や時間帯
  • 忘れてはいけないサンオイル
  • 日焼けした肌のケア

このように、ここまで一つのセットとして考えておきたいところです。

日焼けしたのはいいけれど、肌が弱くて後でヒリヒリしたり、うまく焼けなかったり、シミが気になるなんてこともあります。

では、具体的にどのように肌を焼けばうまくいくのか?

今回は、うまく日焼けをする方法についてまとめました。

 

スポンサードリンク

 

日焼けしたいときの「時間」

日焼けをしたい人にとって、時間というのは大切なことの一つになります。

まず肌を焼く時間ですが、一気に焼いて一日で何とかしようとする人が多くいます。

一日中外にいて太陽の光を浴びていると、肌がその強い紫外線に耐えられなくなってきます。

すると肌が赤くなったりヒリヒリしたりするだけで、うまく小麦色に焼けなかったという人も多いのではないでしょうか。

この時間ですが、

一回に焼く時間は1~2時間ほど

このように決めて、数日に分けて日焼けすることをオススメします。(長くても3時間)

こうすることで、日焼けをしても肌へのダメージは少なくなります。

 

だから肌の回復も早くなり、皮膚がヒリヒリするといったことも少なくなるでしょう。

特に、最初の色白の時は紫外線に抵抗するメラニン色素が少ないので、色白の状態でいきなり急激に紫外線を浴びると危険です。

「ある程度段階を踏む」ということで、1~2時間ほどの日焼けに済ませ、それを数日間に分けて日焼けするのが良いでしょう。

 

また、サンオイルもこの時塗っておいて欲しいのですが、サンオイルも3時間程度したら塗りなおす必要が出てきます。

だから時間としてもちょうどいい時間なんですね。

また、このくらいの時間なら、日焼け後のケアもしやすくなります。

 

特に色白の男性で、貧弱に見えるから日焼けしたいと考えている人は、一気に肌を焼こうとして失敗するケースもよく耳にします。

慌てずに、数回に分けて肌をいたわりながら日焼けをすることがオススメです。

 

日焼けしたい人の時間帯

時間を区切って日焼けするのが、肌にも優しい焼き方だと思いますが、外に出て焼く時間帯も気を付けたいことがあります。

日焼けしようと思ったら、何時くらいに外に出て日焼けをしようか考えますよね。

その紫外線量ですが、日中は10~14時あたりが紫外線のピークとなります。

感覚的にもわかると思いますが、このあたりの時間はとても日差しもキツイですよね。

こちらのページを見てもらうと一目瞭然ですが、その紫外線量はかなり違ってきます。

参照記事

紫外線は何時まで注意すべき?夕方や夜の量は?

 

日焼けしたい人は、この時間を狙って外で焼く人も多いですが、季節や地域によってその紫外線が強すぎることもあるので、10~14時は避けたほうがいいでしょう。

この時間帯を選ぶというのも、肌をいたわりながら日焼けするためには必要だと思います。

出来ればこのピークの時間帯を避けて8~11時、15~17時とかの時間帯がいいと思います。

 

日差しのきつい時間帯も含めて長時間焼いていると、皮がめくれやすくなったり、ひどい時には火傷のように水ぶくれができたりすることもあります。

うまく日焼けするポイントは、

日差しのきつい時間帯を避けて段階的に焼くこと

まずはこれを覚えておきたいですね。

 

日焼けしたいときの「サンオイル」

日焼けするのに何も塗らずそのまま日焼けする人も多いと思います。

そうなると、紫外線のダメージが直接肌に影響するので、これもまた肌に優しくありません。

特に色白の人は抵抗力が低いのでダメージも受けやすく、肌がヒリヒリすることもあると思います。

そんな紫外線のダメージを和らげてくれるのがサンオイルです。

サンオイルというと、皆さんイメージするのが、

日焼けするために塗るアイテム

こんなふうに感じていないでしょうか。

でも、サンオイルというのは日焼けを促進するためのものではなくて、

肌のダメージを軽減させながら、日焼けする環境を整えるアイテム。

このように考えてもらうといいと思います。

 

じつは、このサンオイルというのも日焼け止めと同じです。

一般的に販売されている日焼け止めと何が違うのかというと、サンオイルのほうが「SPF」や「PA」の数値が低く抑えられています。

日焼け止めというと、

SPF50
PA++++

こんな表示の商品をよく見かけると思いますが、これは日焼けをしたくない人が選ぶときに、このくらい強いものがいいです。

でもサンオイルだとこれがもっと抑えられて「SPF4」とかの数値になるんですね。

サンオイルを塗ることで急激な日焼けを抑えることができるので、日焼けしたい人もサンオイルは塗っておきましょう。

 

最初に日焼けするときの注意

色白の人が日焼けしたいと思って外に出る場合、サンオイルではなく少し抑えめの日焼け止めを塗って日焼けすると、もう少し肌に優しくなると思います。

最初はこうして徐々に日焼けしてきたら、サンオイルに切り替えるというのもアリかと思います。

 

あなたの肌質にもよるので、時間やサンオイルをうまく使って、肌がヒリヒリならないようなやり方を見つけてくださいね。

また、どんなサンオイルが良いのかというと、人気になっているのは「コパトーンシリーズ」ではないかと思います。

他にも色々ありますが、このくらいが値段的にもいいと思います。

 

スポンサードリンク

 

日焼けしたい人が気を付けたいケア

日焼けした後、肌がヒリヒリするようなことがあれば、それはちょっと焼きすぎの状態ですので、キッチリとケアして回復させましょう。

段階的に焼くというのは、こういった

  • 「肌への負担を少なくするため」
  • 「肌のケアのために回復する時間を作ること」

このような狙いがあります。

一気に焼くと、肌が悲鳴を上げてしまうからですね。

 

この状態でまた次々焼いてしまうと、肌へのダメージも大きくなりますし後々シワの原因にもなったりします。

まずはしっかりと回復させてから次に移りましょう。

 

もしヒリヒリする場合は冷やして肌を休めましょう。

その肌をいたわって早く回復させるためには、まずは水分補給です。

肌の水分が少なくなっているため潤いも失われがちですし、熱中症予防にもつながります。

 

内側から水分補給ができたら、外側からの保湿もしておきましょう。

保湿には刺激の少ない乳液や化粧水などが良いですが、男性の場合はそんなものを持っていない人がほとんどなので、ジェルやクリームがオススメです。

 

例えばこういったものですね。

【コパトーン アフターサン オイルフリー ジェル】

日焼け後に肌のケアをすることで、回復も早めますし乾燥なども防ぎます。

日焼け後の肌のケアは忘れがちなので、日焼けしたい人はサンオイルとセットで用意しておきましょう。

 

あとがき

日焼けしたい人が気を付けるべき時間や時間帯。

肌を守るサンオイル、日焼けした後の肌のケアなどまとめましたがいかがでしたか。

 

今回の内容をまとめると

日焼けしたい時間
  • 1回に焼く時間は1~2時間くらい
  • 10~14時の紫外線のピークは避ける
  • 段階的に焼く
日焼けしたいのサンオイル
  • 日焼けしたい人もサンオイルは必須
  • アフターケアもセットで肌のケアをする。
  • ヒリヒリしたりするときは回復するまで焼かない。

 

日焼けしたい人にとっては、早く焼きたいと思ってしまいがちですが、急に焼いてしまうと肌への負担は大きいです。

 

ダメージを少なくしながら焼かないと、将来的にシミやシワの原因になったり、急激な紫外線が紫外線アレルギーを起こしてしまうかもしれません。

とにかく無理なことはしないで、ゆっくりと計画的に日焼けできるよう準備してくださいね。

 

スポンサードリンク

 - 紫外線・日焼け ,