日焼け止めを塗らない美肌の人とシミになる人の違いは?

   

日焼け止めは紫外線対策の一つとしてとても有名ですよね。

そんな日焼け止めを塗らないのに美肌の人がいたりして、うらやましく思う人も多いのではないでしょうか?

その一方で、日焼け止めを塗っているのにシミになったりしやすい人もいたりしますが、この違いはいったい何なのでしょうか?

実はこの日焼け止めには、紫外線対策の仕方や塗り方など、様々なことが関係してくることがあります。

うまく日焼け止めを活用する、紫外線対策ができるような方法についてどうすればいいのか、日焼け止めを塗らない人の美肌についてまとめました。

 

スポンサードリンク

 

日焼け止めは塗らないとシミになる?

日焼け止めを塗らないと、そのまま外に出たら紫外線にやられてしまう。

普通の感覚だとこのように思いますよね。

この紫外線対策に日焼けを使うのは王道ですし、実際に日焼け止めしないままで長時間外にいると、肌が赤くなってヒリヒリします。

また、環境省などでも紫外線対策には日焼け止めを推奨しているし、間違いではないと思います。

 

でも、実は、この日焼け止めによる紫外線対策をしっかりと行っているようで、実はあまりきちんとできていなかったなんてことはよくあることです。

だから、日焼け止めを塗らないと将来シミやしわの原因になることも多いと考えられています。

 

日焼け止めを塗れていないとは?

日焼け止めを塗っているようで、実はきちんと塗れていないという落とし穴があります。

その原因としてよく考えられるのが、

日焼け止めの塗りムラ

日焼け止めをしっかりと隅々まで塗れていないと、やっぱりその部分は防御が甘くなります。

それは日焼け止めを塗っていないことに近くなるので、まんべんなく塗れる方法をしっかりと身につけることです。

 

その日焼け止めの塗り方については、こちらでしっかりと確認してください。

参照記事

日焼け止めの塗り方に順番はある?塗るタイミングや量は?塗り直し方

 

この日焼け止めをきちんと濡れていないことの他にも、いくつか考えられる原因があります。

 

日焼け止めを塗っていても日焼けする原因

日焼け止めをきちんと塗れていないことの他に、

  • 塗る日焼け止めの量が少ない。
  • 塗った日焼け止めが時間とともに劣化している。
  • 日焼け止めが弱い。

 

こういったことが代表的な原因ですね。

 

日焼け止めを塗っていないとシミやしわの原因にもなりますが、こういった日焼け止めをしっかり塗れていないこともダメなので覚えておきましょう。

 

日焼け止めを塗らないのに美肌の人は?

さて、この日焼け止めを塗らないのに美肌の人もいます。

うらやましい限りだとは思いますが、どうしてこのような差が生まれるのでしょうか。

 

実は日焼け止めと言っても、肌には刺激になっています。

ましてや強い日焼け止めは、敏感肌の人にとっては肌荒れの原因にもなったりしますし、かぶれたりすることもあるようです。

そんな日焼け止めは塗らないでも、実はやりようによって紫外線対策はできます。

 

例えばどんなことかというと、

帽子や日傘、長そでを利用して、紫外線を肌に直接当てない工夫をする。

単純ですが、一番紫外線対策の効果があると言ってもいいでしょう。

 

帽子や日傘をすることで、そのほとんどの紫外線をカットすることができます。

スポーツをするときなどでも、できるだけ紫外線をカットできるような服装が大切なんですね。

それは日焼け止めをしていても同じことです。

 

また、これらの対策のほかにも日焼け止めを塗らないで美白を守る方法があります。

それは、ファンデーションです。

ファンデーションなので顔に限りますが、実はこのパウダーには日焼け止めの紫外線産卵材と同じような効果が期待できます。

だから、少しくらいの外出で顔を守るのであれば、ファンデーションを塗っておくだけで紫外線対策にはなるのです。

無理に顔に日焼け止めを塗ってからメイクしていかなくても、このファンデーションをメイクの中に入れることを意識してみましょう。

 

ただ、乳液などの中には、日焼け止め効果の含まれている化粧品もよくあります。

そういった化粧品であなたに合うものがあれば積極的に使っていってもいいと思います。

ただ、安い日焼け止めにはこういった化粧下地ができるとありますが、合わない場合も多いようです。

この辺りは自分で使ってみないとわかりませんが、美肌を目指したいのであれば価格面では妥協したくないですね。

 

スポンサードリンク

 

日焼け止めを塗らない方がいい?

さて、この日焼け止めですが実際塗らないほうが肌にいいのかというと、やっぱり塗らないほうが肌に刺激がないのでいいと思います。

でも、外に出る場合に日焼け止めなしで出るのはなかなか勇気がいりますよね。

帽子や日傘、サングラスや長袖など、紫外線から身を守れる格好ならば少なくすることはできます。

また、オーガニック系の日焼け止めというのもあって、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤を使っていない肌に優しい日焼け止めというのもあります。

こういう日焼け止めは決して強い日焼け止めではありませんが、肌に優しいという部分と弱めでも日焼け止めができるという点で人気となっているので、機会があれば試してほしいと思います。

 

そんなオーガニックの日焼け止めでおすすめなのは、「アロベビー UV&アウトドアミスト」です。

アロベビー UV&アウトドアミスト

赤ちゃんにも使えるように、紫外線吸収剤は使わず非常に優しい成分で作られています。

また、殺虫成分(ディート)を含まずに、自然のものを使って虫よけ効果も期待できる商品です。

だから、赤ちゃんのような弱い肌にも使えるんですね。

それは同時に敏感肌の人にも使いやすいことになるので、日焼け止めを塗ったら肌荒れしてしまうような人にも向いていると思います。

 

シミやシワの少ない美肌を考えるのであれば、日焼け止めは肌への刺激になるため塗らないで別の方法をとるのが一番です。

ただし、それも状況によるので、野外で長時間いるスポーツや遊び、テニスや野球、マリンスポーツなどは塗っておいた方がいいように思います。

つまり紫外線対策を日焼け止め以外でできるのかどうか。

日焼け止めを塗るか塗らないかは、ここがポイントになってくるでしょうね。

 

あとがき

日焼け止めを塗らないのに美肌の人とシミになる人の違いは、どんなところに原因があるのか。

この話については、個人差や環境の違い、普段の生活習慣なども大きく影響してきます。

だから一概には言えないことで、絶対にこれといった答えもないでしょう。

ただ、日焼け止め自体には紫外線吸収剤や紫外線散乱剤、界面活性剤など肌の刺激になりそうなものはたくさん含まれています。

これをどのように捉えるかで、日焼け止めを塗る、塗らないといった意見も分かれるでしょうね。

また、美肌の天敵でシミやシワになるからといって日光に当たらなさすぎるのもどうかと思います。

美肌とかの前に健康であることが大切なので、あまり無理なことはせずに自分のできる範囲で取り組んでみてください。

 

スポンサードリンク

 - 紫外線・日焼け