日焼け止めに色付きの人気の物はどれ?肌色のオススメ商品は?

      2017/09/22

日焼け止めをすると肌が白くなったりして、とても目立ってしまった!

こんな経験をされた方も多いでしょう。

日焼け止めも種類によっては白浮きして、とても目立つケースがありますが、そんな日焼け止めも色付きの物も販売されています。

人気なのはやはり肌色の日焼け止めで、白浮きせず目立ちにくくなりますが、そんな日焼け止めの人気の商品には、どういったオススメがあるのかということも含めまとめました。

 

スポンサードリンク

 

日焼け止めに色付きの物はあるの?

日焼け止めには色付きのものも多く販売されています。

日焼け止めを塗ると白浮きしたりして、とても目立った経験をされた方もいるでしょう。

あれは、紫外線散乱剤という成分がその原因となっているのですが、

  • 紫外線吸収剤フリー
  • ノンケミカル

このような表記のある日焼け止めに多く見られます。

といっても、この日焼け止めは悪いわけではなく、肌には優しめの日焼け止めですが使用感の悪さがあるといった特徴の日焼け止めです。

詳しくはこちらをどうぞ。

参照記事

>>紫外線散乱剤の日焼け止めのメリット、デメリットは?吸収剤との違い

そんな白浮きする日焼け止めが嫌な人には、色付きの日焼け止めというのがあります。

色付きといっても赤や青などの目立つものではなく、肌色や茶色系のものですね。

そういった目立ちにくい色付きの日焼け止めを使うことによって、見た目も肌も守りましょうってこと。

 

スポンサードリンク

 

日焼け止めで色付きの人気の物は?

そんな色付きの日焼け止めで人気の物にはいくつかあります。

ネットでもよく取り上げられるものをいくつか見ていきましょう。

ラロッシュポゼ

 

SPF50・PA++++

日焼け止めとしても高い設定がされていて、肌色の日焼け止めで目立ちにくい作りとなっています。

化粧下地としてもおススメできるので、使いやすさがあり人気となっています。

 

BB ミネラルクリーム

 

美容液のようなクリームタイプの日焼け止めで、肌色で目立ちにくいおすすめのタイプです。

日焼け止めの強さは「SPF30・PA++」と中間あたりの強さになっています。

あまり強い日焼け止めが必要ない人は、これで十分だと思います。

 

メンソレータム アクネス 薬用UVティントミルク 肌色タイプ

 

価格がとても安くて、SPF50と高めの設定がされている日焼け止めです。

色付きで肌色になっているので目立ちにくいタイプ。

さらに気になるニキビ予防のために、ビタミンC誘導体などの成分も含まれているので、肌が気になる人には使いやすいおすすめです。

 

あとがき

日焼け止めに色付きの人気の商品でどんなものがあるのか。

また、肌色でのおすすめ日焼け止めをまとめましたがいかがでしたか。

日焼け止めというと、クリームの白色のイメージもまだ強くあると思いますが、肌色の日焼け止めもたくさんあり、安いものもいくつかあります。

もし白浮きが気になったり、日焼け止めが目立つようならこういった色付きのものがいいかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 - 紫外線・日焼け