今すぐできるワキガ予防!その臭いを抑える3つの方法とは?

   

ワキガ 予防

あなたは脇の臭いに悩んでいて、何とかワキガを予防したいと思ったことはないでしょうか?

今では、私たちが普段からできるワキガ予防にはたくさんのことがあって、今すぐできることから、じっくりと時間をかけてやっていくことなど、色々なアプローチができます。

でも、具体的にどういったワキガ予防の方法なのかわからないので、市販のスプレーなど、デオドラント剤だけに頼っているといった人も少なくありません。

そこで今回は、効果的に出来る3つのワキガ予防の方法を中心にお伝えしていこうと思います。

 

スポンサードリンク

 

ワキガの予防にはどんな方法があるの?

あなたは、ワキガ予防というとどのようなことが思い浮かびますか?

真っ先に思い浮かぶのは上でも少し触れたデオドラント剤を使うといった方法ですね。

当然この方法もワキガ予防の一つとしてあげられますが、なかなか満足行く結果が得られていない人も多く、色んなデオドラント剤を使ってきた人もいます。

実はデオドラント剤もきちんとした使い方をしないと、思ったような効果が得られなかったりするものです。

これについても説明していきますが、この方法も含めたワキガ予防には、おもに3つの方法があります。

  1. ワキガ対策商品を使う。
  2. 脇の手入れ。
  3. 食生活の乱れを改善する。

それぞれについてどういうことなのか具体的に見ていきましょう。

 

今すぐワキガの臭いを予防したいなら

上でピックアップした3つのワキガの予防方法ですが、1番と2番は今すぐにでも出来るワキガの予防方法です。

ワキガの予防をするためには、ワキガの臭いの原因を抑えていけばいいわけですから、それができればワキガの臭いに悩まされることも少なくなるはずです。

ワキガの原因について知っておくことはとても大切なので、まずはこちらでワキガのメカニズムについて見ていってもらえればと思います。

関連ページ

>>ワキガの原因は遺伝?それとも食べ物やストレス?正解は何?

 

そこで、簡単に効果が期待できるのは、

「1.ワキガ対策商品を使う。」

ワキガ対策商品を使うことで、ワキガの原因となるアポクリン腺から出る汗が皮膚の雑菌に酸化・分解されて臭いが発生するということを防ぐことが期待できます。

他にも制汗作用で汗を抑えるといった効果も期待できます。

ワキガ対策商品は、

  • 消臭作用
  • 殺菌作用
  • 制汗作用

この3つの効果が得られるものを探して、それを使うことで臭いの軽減が期待できます。

でも、一体どういうものを使ったらいいのか?

実際購入しようかなって考えたら、いっぱいワキガ対策グッズが販売されていて、

  • 一体どれがいいのかわからない?
  • 本当に効果があるの?

と言った人も非常に多いです。

やっぱりせっかく購入するなら損したくないし、良い商品を選びたいですよね。

私もいろんなワキガ対策グッズを使ってきましたが、いま結局落ち着いているのは数えるくらいしかありません。

色々使って自分に合うものを探すのもいいですが、なかなかそんな時間もないし早く探したいと思うし、何よりお金がもったいないですよね。

そんなあなたの為に、私が使った通販や市販のワキガ対策グッズの中で特に良かったものを比較して、

  • どのグッズが良いのか。
  • どんなふうにワキガに有効なのか。
  • どうしてこの商品がオススメなのか。

ということをこちらのページで詳しく、わかりやすくまとめています。

関連ページ

>>ワキガ対策商品で人気の物は?その口コミや市販グッズの効果は?

あなたがもし、どうすればいいのか迷っていたら、是非ご覧になってください。

 

ワキガ予防はクリームタイプで!

ワキガ 予防02

ワキガ対策商品でスプレータイプの制汗剤がよく販売されていますが、

ワキガ対策にスプレータイプのものよりクリームタイプをオススメします。

スプレーは広範囲に噴射しますが、クリームタイプに比べると直接肌に塗らないので制汗力や消臭力は弱くなりがちです。また、香りのついた制汗剤もありますが、それは香りでワキガの臭いをごまかしているだけであって、大元の臭いは防ぎきれていないことも多いです。

それだけならまだいいですが、ワキガの臭いと制汗剤の香りが混ざってさらに不快な匂いにかわってしまうこともあるので、無香料・無添加であることが必要です。

関連ページ

>>ワキガ対策グッズはクリームとスプレーどちらが良い?おすすめは?

ワキガ予防には、まずこういったグッズを使うことが簡単ですし、すぐに効果も得られやすいので、まずはここから手を付けていくといいでしょう。

 

2.脇の手入れ。

次は、ワキガの臭いを発生させている脇の手入れについてです。

ワキガの臭いの原因は、アポクリン腺から出る汗と皮膚上に存在する雑菌によって発生します。

だから、脇を清潔にしておくというのはワキガの予防において、とても有効な方法なのですね。

普段のお風呂で脇を洗うのはもちろんのことですが、脇にクリームなどを塗って予防する際にも、ウェットティッシュなどで一度拭き取ってから塗るというひと手間でも持続する時間が変わったりします。

また、脇毛と臭いの関係もあります。

脇毛があると臭いがこもるため、ワキガも強く広く臭いを発散させる原因の一つとなっているので、脇毛の処理というのもワキガ予防に繋がるんですね。

関連ページ

>>脇毛とワキガは関係があるの?臭いを抑えるには剃る?抜く?

この二つのワキガの予防方法は今すぐできることなので、一通り頭に入れたらすぐに実践してもらいたいものばかりです。

まずは、こういった身近にできることから始めて行くといいでしょうね。

スポンサードリンク

 

あなたは本当にワキガ?

ところであなたは

「ワキガってどういった臭いなのか?」

ご存知ですか。

実は、ワキガには人によって色々な臭いの感じ方があって、表現が一つだけではないんですね。

また、

  • あなたの脇の臭いは、本当にワキガの臭いなのでしょうか?
  • もしかしたらその臭いは、ワキガじゃないかもしれない。

ということも、自宅でもある程度チェックすることができます。

「どんな臭いなのか?」「どうやってワキガかどうかチェックするのか?」ということを知りたい人は、

関連ページ

>>ワキガとはどんな臭いなの?種類や特徴と汗の臭いとの違いは?
>>自宅で簡単!ワキガのチェック方法のリストと病院の検査との違いは?
>>わきがが自分でわかる方法は?わからない人に気づかせるには?伝え方

こちらでわかりやすくまとめているので、是非ご覧になってくださいね。

 

根本的にワキガの臭いを予防するなら?

さて、上では今すぐできるワキガの予防法についてみてもらいましたが、根本的にワキガの臭いを予防するのならどうすればいいのか?

何度も出てきますが、ワキガの原因はアポクリン腺から出る汗です。

だから、極端な話、アポクリン腺が亡くなればワキガの臭いもなくなります。ただ、アポクリン腺をなくそうとすると、今のところは手術以外では方法がありません。

関連ページ

>>ワキガの手術はどんな方法があるの?切らない事も可能?費用は?
>>ワキガの手術は跡が残るの?手術跡を消すには?後遺症は大丈夫?

ワキガの手術については、時間のあるときにでも関連ページをご覧になってもらえればと思いますが、手術となるとやっぱり抵抗も出てきますよね。

だから、自分でもできるような、ある程度臭いを抑えるワキガ予防の方法というのが、

「3.食生活の乱れを改善する。」

ワキガの原因には食べ物も大きく関わっていると考えられていて、具体的には、

肉類・乳製品:動物性たんぱく質を多く含むもの
油物:揚げ物やポテトチップスなど
刺激物:唐辛子やコショウなどの香辛料

 

見てもらってもわかるように、昔の食卓ではあまり並ばないものが中心になっていて、つまり、「食生活の欧米化」ということが引き金になっていると考えられているのです。

魚や野菜中心の食生活だった日本人は、これまでワキガの問題にはほとんど苦しんでこなかったのに、ここ最近になってワキガで悩む人が急増しているのには、食生活の変化がキッカケだと考えられています。

だから、この食生活を改善していくことで、ワキガの原因であるアポクリン腺をなくす事はできなくても、「働きを弱くする。」「臭いを抑える。」ということはできるだろうといったことにつながっているのですね。

補足

では、具体的にどんな食べ物が良くて、どんな食べ物が良くないのか?

ワキが予防にはどんな食べ物が好ましいかというと、「パセリやパクチー、豆腐や納豆、梅干しや生姜」など他にもたくさんあります。逆によくないと考えられているのは上で見てもらったような肉類や油物、刺激物といった食べ物ですね。

ワキガ予防の食べ物にどういったものがいいのか?他にも注意しておきたいポイントなどわかりやすくこちらのページでまとめています。

関連ページ

>>ワキガを治す方法と注目したい食べ物は?自力での治し方はあるの?

 

食べ物でワキガ予防をするとなると、やっぱり時間はかかってしまうので、普段から食生活は気をつけながらも、「1.ワキガ対策商品を使う。」「2.脇の手入れ。」といったことも同時にやって、普段から意識を高めておくことが大切なのだと思います。

もし、こういったワキガ予防をやってもあまりよくならないと感じたり、手術で根本的に治したいといった場合には「医師に相談する。」といったことも一つの方法です。

一般的には皮膚科や形成外科を受診すれば診断してもらえますが、何科によっても治療方針が変わってきたりするので、もし診察を受ける場合には、こちらのページも参考にして決めてくださいね。

関連ページ

>>ワキガの診断は何科?病院の検査で気をつけたいことは?

スポンサードリンク

 - ワキガ ,