ワキガは薬で抑えれる?病院や薬局ではどんな薬があるの?

      2016/07/19

ワキガ 抑える 薬

ワキガを治したいと思った時は、まずどういった方法があるのか考えますよね。

ワキガの治し方の記事でもお伝えしましたが、その方法には様々あって、

  • 手術をする。
  • 薬を使う。
  • 食べ物・飲み物で抑える。
  • 生活習慣の改善
  • ストレスをためない。
  • ワキガグッズを使う。
関連ページ

>>ワキガを治す方法と注目したい食べ物は?自力での治し方はあるの?

 

こんな方法がありますが、今回はこの中でも手術をせずに治療の効果が期待できる

「ワキガの薬」

実際に薬でワキガを抑えることができるのでしょうか?

また、ワキガの薬は病院や薬局でどんなものが処方されたり、購入できたりするのでしょうか?

今回は、この気になるワキガの薬についてのお話をまとめました。

 

スポンサードリンク

 

ワキガは薬で抑えることができるの?

ワキガを根本的に治そうと考えるのなら手術を受けることが必要だといわれているように、ワキガの薬だけで抑えることができない、手術のようになかなか根本治療には効果が期待できないと考えられています。

じゃあ、一体どうしてワキガの薬が病院などで処方されるのでしょうか?

やっぱり手術というと、どうしてもハードルが高くなりますよね。

手術を受けるとなるとそれなりにデメリットもあって、仕事に支障が出たり後遺症が出るなどの可能性も十分に考えられます。

ワキガの手術についての方法やメリットデメリット、費用といった詳細はこちらの関連ページで項目別にわかりやすくまとめています。

関連ページ

>>ワキガの手術はどんな方法があるの?切らない事も可能?費用は?
>>ワキガの手術は跡が残るの?手術跡を消すには?後遺症は大丈夫?

 

また、ワキガの手術は費用面でも気軽に受けれるものでもないので、病院で処方されるワキガの薬で少しでも抑えることができればそれに頼られる方も多いという訳ですね。

ワキガの薬でどの程度臭いを抑えられるものなのか?

これが気になるところだと思います。

そのワキガの薬には「塗り薬」と「飲み薬」の二種類があって、病院で処方される薬にもいくつかあります。

では、どんな薬があって、それがどの程度臭いを抑えることが期待できるのか見ていきましょう。

 

病院で処方されるワキガの薬にはどんなものがあるの?

ワキガ 薬 病院

ワキガの薬として病院で処方される薬には、

  1. 塗り薬:塩化アルミニウム液
  2. 飲み薬:臭化プロバンテリン(プロバンサイン)

 

この二種類が、主に活躍しています。

 

塗り薬について

ワキガの塗り薬には「塩化アルミニウム液」が病院で処方されることが多く、制汗作用や消臭効果が期待できる薬です。

価格は100mlで1000円ほどなので、わりと安価で手に入れられます。

薬局でも成分が同じものが手に入れられますが、後で説明しますね。

塩化アルミニウムには汗の出る穴を変性させてしまう働きと同時に殺菌効果もあるので、ワキガ対策の薬として昔から使われています。ただ、その際にかゆみが出たり、ひどくなると炎症を起こしたりする場合もあるので、その場合には薬の使用をやめて医師に見てもらわないといけなくなります。

どのくらい臭いが抑えられるのかですが、あまりワキガの臭いが強いと病院で処方される塗り薬では抑えられないことも多いようですね。

補足

家庭で簡単に出来る「ミョウバンを使ったワキガ対策」というのも、別の記事で紹介していますが、このミョウバンよりも塩化アルミニウムのほうが効果は期待できるといった話もよく耳にします。

関連ページ

>>ワキガにミョウバン水は効果あるの?作り方や効かない場合の対処法

 

塩化アルミニウム液は制汗作用や消臭効果が期待できる薬ですが、ここに細菌の繁殖を防ぐため抗生物質を併用する場合もあり、外側と内側から臭いを抑えるように取り組んでいくわけですね。

また、塩化アルミニウム液を使い続けることは

汗腺を萎縮させて汗自体の産生を抑えることができる。

ということがわかってきたようです。

 

こういったワキガの治療方針は病院で診断を受けてからでないと処方もされませんし、市販のワキガ対策グッズだけで取り組むのとはまた違った試みですね。

もし、病院で診断を考えているのなら、一度こちらの記事も参考にして考えてみてください。

関連ページ

>>ワキガの診断は何科?病院の検査で気をつけたいことは?

 

飲み薬について

病院で処方されるワキガの飲み薬には「臭化プロバンテリン」という薬があります。

「プロバンサイン」という名前でも知られていますが、ワキガを直に治療するためではなく「汗を抑える」という目的で処方されている薬です。

ただ、プロバンサインには「口や目の渇き」「尿の出が悪くなる」といった代表的な副作用があるため、その日の体調によっても飲む量が変わったり、続けて飲むのは危険だともされています。

 

特に夏場などは、

「プロバンサインを飲みすぎて汗が出なくなり、体温調節がうまくできずに倒れてしまった。」

こんな事例もあるので十分な注意が必要です。

元々はワキガを抑えるというよりも多汗症のための薬といった意味合いが強い薬です。

 

他には、

  • マイナートランキライザー(抗不安薬)
  • トフィソバム(自律神経調整剤)

といった内服薬を病院で処方されるケースも。

これらも、ワキガを抑える薬というものではなく、精神的な不安から出る汗を抑える目的で処方される薬ですね。

 

精神的な不安というのは、

  • 周りに臭ったらどうしよう。
  • 汗がいっぱい出てビショビショになったらどうしよう。
  • 友達に変な目で見られたらどうしよう。

 

このようなケースが思い浮かびます・

それを、精神面や自律神経に働きかける薬で抑えようということです。

スポンサードリンク

 

ワキガの薬は薬局でも購入できるの?

ここまで紹介した薬ですが、薬局などでも購入できるのであれば簡単に手に入れられますが、実はこれらは一部手に入れることが可能になっています。

塩化アルミニウム液は「オドレミン」という名前の商品としても有名で、薬局や通販サイトでも購入することができます。

オドレミンに代表されるこの塩化アルミニウム液という成分は、薬局などでも市販されているワキガ対策グッズに使用されていることもあります。

補足
通販サイトでは、「エティアキシル」「デトランスα」といったワキガ対策グッズが販売されていてこの成分が含まれています。

 

基本的には海外製の物も多いです。

海外製のワキガ対策の薬ではやはり日本人の肌には強い場合も多く、肌のかゆみがあったりなど副作用として何かしらの症状が出ることも多いです。

ただ、薬局などで内服薬のプロバンサインは販売されていません。

プロバンサインは病院で医師による処方箋が必要となる薬だからです。

 

代行業者を通じた安易な入手は危険

プロバンサインは個人輸入や輸入代行の通販サイトを利用すれば海外からでも購入する事ができます。でもこの場合は保険適用がされませんし、何より内服薬なので体の事を考えると簡単に飲んでいい薬ではないと思います。

やはり注意しないといけないのは、

医師の診断の元で使用していないため、何か異常が出る危険性がある

これはきちんと考えておかないといけません。

上でも説明したように、何度も服用していると副作用の危険性も十分に考えられるので、やはり医師の診断を受けてから処方してもらうのが最も安全で安心できるでしょう。

 

【あとがき】

ワキガ 薬 薬局

このようにワキガの薬には病院で処方されるものや薬局で買えるものまで色々ありますが、根本治療ではないので効果としてはワキガ対策グッズなどを使うような物に近い部分もあるでしょう。

そして、塩化アルミニウム液やプロバンサインといった薬には、副作用についても心配な部分があることも覚えておかないといけません。

こういったワキガを抑える薬の副作用が心配な場合、そうなってくると何かグッズに頼ることになります。でも市販のグッズで満足できた試しがなかったり、効果もすぐ切れて役立つものが見当たらなかった経験はないでしょうか?

そういうときに使いたいのは、ワキガの悩みにピンポイントに焦点を当てた「ワキガ対策専用グッズ」です。

その中でも特に人気が高く、効果も実感できるのが「クリアネオ」というワキガ対策クリームです。実際に私も持っていて、その効果を実感しています。

cleaneo04

クリアネオのいいところは市販のグッズではなかなか届かない、

制汗作用、消臭作用、持続力、使い心地、安心感

これらが総合的にとても高いレベルにあるので、

  • 朝、仕事に行く前に塗っておけば日中気にならないので、仕事に集中できる。
  • 仕事から帰ってきても効果が続いているので、通勤後の電車も安心。
  • 汗が普段に比べ出にくく感じるので、脇汗が目立ちにくい。
  • クリームにありがちなベタベタ感がないので気持ちがいい。

そして、このような消臭面での安心はさることながら、もし効果が感じられなかった場合、期間無制限で全額返金保証があるという金銭面の安心感もあります。

もちろん気温によって汗がたくさん出たら効果にバラツキはあるし、私自身、他にも通気性を考えた服装など他の対策もプラスしていますが、市販、通販限定商品など含めいろいろ使ってみて、このクリアネオが総合的に見てとても良かったと感じました。

もし今まで使っていたグッズで満足がいっていないのなら、あなたもこの機会に試してみてはどうですか。

 

 

 

スポンサードリンク

 - ワキガ ,