脇汗の手術に保険は適用されるの?費用はいくら?値段料金

   

脇汗 手術 保険

脇汗が多くて治療をしたいと病院に行って診察をしてもらった場合、

  • 塗り薬の塩化アルミニウム液による脇汗の軽減
  • 飲み薬の臭化プロバンテリン(プロバンサイン)による脇汗の軽減
  • ボツリヌス療法(ボトックス注射)

主にこのような治療が考えられますが、こういった治療で改善がうまく行かなかった場合、手術をするといった選択肢も出てきます。

では、脇汗の手術にはどんな方法があるのか気になりますよね。

他にも、

  • 保険の適用はされるのか?
  • その場合、費用はいくらくらいなのか?

今回は脇汗の手術について、その料金も含め見ていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

脇汗の手術に保険は適用されるの?

病院での脇汗治療では、上で触れたような飲み薬や塗り薬、注射といった方法があり、それぞれによってアプローチも違うし、効果もさまざまで、保険が適用されるかどうかも治療内容によって変わってきます。

詳しくはこちらのページでわかりやすくまとめているのでチェックしてください。

関連ページ

>>脇汗の悩みは病院の何科?治療は保険がきくの?その費用は?

 

こういった治療をしていても、あまり改善が見られない場合には手術といった選択肢も出てきますが、脇汗の手術をするといっても簡単に決めることはできませんよね。

その方法にはどんなものがあるのか?

というのも気になる点だと思います。

このサイトでも「ワキガの手術」についていくらか触れており、その中で手術内容についてもどういったものがあるのかまとめています。

脇汗の手術にも同じ方法で行われるものもあるので、詳しくはこちらのページを参照してもらうといいと思います。

関連ページ

>>ワキガの手術はどんな方法があるの?切らない事も可能?費用は?保険
>>ワキガの手術は跡が残るの?手術跡を消すには?後遺症は大丈夫?
>>ワキガ手術の失敗例とは?再発などのデメリットを防ぐには?後遺症
>>ワキガの治療にはどんな方法があるの?料金や保険適用は?

 

脇汗の手術は保険適用されない場合が多い?

さて、脇汗の手術について関連ページをご覧になってもらうとわかるのですが、脇汗の手術には保険適用されない場合がほとんどです。

剪除法と呼ばれる手術では保険適用が可能ですが、保険がきくかどうかは医師の判断によるところもあって、重度の場合でないと保険が利かないと判断される場合もあるようです。

そして、この剪除法以外の手術では自由診療扱いとなるため、保険は利かない手術のほうが多いと考えておくほうがいいかもしれませんね。

では、そうなってくる時になるのが、脇汗の手術の費用についてです。

スポンサードリンク

 

脇汗の手術費用はいくらくらい?

脇汗 手術 費用

脇汗の手術の費用ですが、病院によってその料金は変わってきます。ですのでここではだいたいの値段しか表すことはできないので、目安として捉えてもらえたらと思います。

最初に説明した剪除法による手術の費用は保険の適用が可能です。

  • 自由診療の場合は20万~40万円
  • 保険診療の場合は4万~7万円程度(両わき)
  • 吸引法:10~20万円
  • イナバ式皮下組織削除法:20~30万円
  • ミラドライ(ウルセラドライ):30~35万円
  • レーザー脱毛:7~15万円

このように、だいたい数十万円くらいの費用は考えておかないといけません。

剪除法の場合、保険が利くのと利かないのでは値段に大きな差があるので、病院側で保険が利くのかどうかを確認したほうがいいでしょうね。

スポンサードリンク

 - 脇汗